2020年10月25日礼拝メッセージ

「神のことばは永遠に立つ」 菅原豊師

    エレミヤ 36 章 27-28 32

Ⅰ 神のことばはどのように書かれたのか
   エレミヤの口述を書き取ったバルク バルクは人々にみことばを伝えた
  時代背景  エジプトがバビロンに敗れる(カルケミシュの戦い) バビロンの勢力がユダへ

Ⅱ 焼き尽くされた巻物
  王の家来たちの中には語られたみことばの重大さに気付いた人たちがいた。
 神のみことばを受け入れず、抹殺しようとしたエホヤキム王

Ⅲ 神のことばは永遠に立つ
  神のことばである聖書は幾多の苦難をくぐり抜けてきた。
  ウィクリフ ティンダル  聖書をいのちがけで守った人たち
 ボルテール フランスの啓蒙学者 聖書は消えるだろうと語った。